マーラー:前期交響曲集 [第1, 2, 4, 5番]

マーラー 前期交響曲集

Add: aqabukog52 - Date: 2020-12-08 22:24:00 - Views: 6035 - Clicks: 3523

マーラー没後100年特別企画 マーラー:前期交響曲集第1、2、4、5番が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。. 1896年:交響曲第2番『復活』、交響曲第3番を作曲。 1897年:ウィーン宮廷歌劇場芸術監督に就任。 1898年:ウィーン・フィルハーモニーの指揮者に就任。 1900年:交響曲第4番が完成。 1902年:アルマ・シントラーと結婚。. これらの題は多くの芸術家の言葉からきています。 第1部の「青春の日々から、若さ、結実、苦悩のことなど」はドイツの小説家ジャン・パウルの小説によるものです。 第2楽章の「花の章」は、ドイツの詩人のヨーゼフ・ヴィクトル・フォン・シェッフェルの「ゼッキンゲンのラッパ手」のために書かれた付随音楽が原型とされています。 これはマーラーによって1884年にカッセル歌劇場で朗読上演されたものでした。 また第4楽章はフランスの版画家ジャック・カロの風刺画に関係していると言われています。. グスタフ・マーラー ブログ要約 マーラー:前期交響曲集第1、2、4、5番(仮) エヴァ・ウルバノヴァー(s)、 カテジーナ・ヤロフツォヴァ(a)、 5番] チェコ・ナショナル交響楽団、 ブルノ・チェコ・フィルハーモニー合唱団、 ペトル・フィアラ(cond)、 リボル・ペシェク(cond)、 佐藤美枝子(s) 販売会社. n響定期公演 クリストフ・エッシェンバッハ指揮 マーラー 交響曲第2番「復活」(. マーラー・ブームの火付け役となったバーンスタインによる、マーラーの交響曲全集です。 ニュヨーク・フィルによる演奏で、マーラーの全集といえば筆頭にあがってくる名盤です。 第8番(千人の交響曲)だけはロンドンフィルが演奏しています。 素晴らしい演奏・録音にもかかわらず、値段もお手頃なのでオススメの1枚です。 「第5番」は1963年の録音で、全体を通して主に1960年代に録音されています。 レナード・バーンスタイン (Leonard Bernstein/1918年8月25日-1990年10月14日) ユダヤ系アメリカ人の作曲家、指揮者、ピアニスト 1958年:アメリカ生まれの指揮者として初めてニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団の音楽監督に就任 ニューヨーク・フィルの音楽監督辞任(1969年)後は、特定のポストには就かず、ウィーン・フィル、イスラエル・フィル、バイエルン放送交響楽団、ロンドン交響楽団、フランス国立管弦楽団などに客演 ニューヨーク・フィルハーモニック(New York [第1, Philharmonic) アメリカ、ニューヨークのオーケストラで「アメリカ5大オーケストラ(Big Five)」の一つ 1958年バーンスタインは音楽監督に就任し、低迷していた名門ニューヨークフィルの再興に尽力した。 バーンスタインは多くのコンサートをおこない、雇用を安定させ、レコーディングも多く残した。 その結果、ニューヨーク・フィルに黄金時代が到来した。.

どちらかと言えばバーンスタイン前年盤の趣に近いものがあるのがマズア盤です。同じニューヨークフィルによる演奏なのでそのように感じて然るべきでしょう。とは言えあくまで冷静なマズアのマーラーです。バーンスタインに鍛えられた技術レベルをある程度保持したまま、より普遍的で分かりやすくアクの無いマラ1に仕上がっているように感じます。 このマズア盤はポスト・バーンスタイン/テンシュテット時代のマーラーらしい、落ち着きのある理性的なマーラーである事に違いありません。ハイティンク盤が好きな方にはこれも好みに合うと思われます。バーンスタイン前年盤でもやり過ぎだと感じるのであれば是非聴いて頂きたいマラ1です。. 花の章 Disc2 3. ショルティはシカゴ響とマーラー交響曲集を残す前に、ロンドン響とセッション録音を残しています。シカゴ響盤を聴いた後からすると、こちらのロンドン響盤にはオケの非力さを感じざるを得ず、ショルティの音楽について行けてない事実が透けて見えてしまいます。 マラ1と言えどプロオーケストラでも苦戦する音楽であると良く分からせてくれる録音です。アマチュアのマーラーなんて尚更聴く気にならなくなってしまいます。安易にマラ1を選ぼうとするアマオケは良く考えた方が良いと思います。相当な覚悟が必要です。マーラーはどの曲もノリだけではどうにもなりません。選んだ後に気が付いても遅すぎます。 このロンドン響盤は、シカゴ響盤の完璧主義的なマーラーに納得ができないマーラー・ファンにしか必要ない録音だと思います。シカゴ響盤を聴いていなくとも物足りなさを感じると思います。随分非力で技術レベルも低いので、否応なしに人間臭いマーラーになっています。それでも結局は早めのテンポで淡々と進むマーラーであることに違いなく、ショルティらしさを確かに感じるマラ1です。私はほとんど聴きません。. 第2番(5楽章)、第3番(6楽章)と楽章増加の傾向から一転して、古典的な4楽章構成に戻っている。 第1楽章 Bedächtig, nicht eilen. 名演奏・名録音のハイレゾ音源を格安で配信販売! マーラー:交響曲第9番ニ長調 ジョン・バルビローリ指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 DSD 2. 年11月に当シリーズで復刻を行った「モーツァルト:後期交響曲集」4枚組(0301396bc)、年10月発売のskdとの「マーラー:交響曲第1番他」(0301619bc.

第1楽章(第Ⅰ部) 嬰ハ短調 2/2 三部形式 トランペットのソロ①に始まるこの楽章は、マーラー自身によって「葬送行進曲」と題されている。 〈巨人〉の第3楽章、〈復活〉や〈3番〉の第1楽章よりも「厳格な歩調で」と指定されたぶん、柩を担いで教会に. Wie ein Kondukt/(クラウディオ・アバド)12:53 2. これはマーラーの歌曲集「子供の不思議な角笛」には入っていないが、同名の詩集から歌詞をとったもので、交響曲第3番の第7楽章にする予定だったが、この第4番に持ち越されてきた。したがって、この交響曲全体にただようメルヒェン的な雰囲気は、第3番. マーラーは1911年に亡くなりましたが、その直後に起こった出来事が第一次世界大戦(1914年~1918年)でした。 この第一次世界大戦により世界は真っ二つに分断されます。 ウィーンを拠点にしたのちに晩年はアメリカで指揮活動を続けたマーラーですが、この大戦の影響からかマーラーの作品も一時はスポットライトを浴びなくなってしまいます。 このマーラーの作品に再びスポットライトを当て、マーラー・ブームを復活させたのがバーンスタインでした。 アメリカを代表する指揮者であったバーンスタインが、マーラーの馴染みの深いウィーン・フィルでマーラーを指揮したことで、マーラーの音楽はウィーンに再び降り注いだのです。 またバーンスタインはニューヨーク・フィルの音楽監督に就任し、マーラーの交響曲の録音をしました。 このニューヨーク・フィルはマーラーが晩年の死ぬ直前まで指揮を振っていたオーケストラです。 そしてマーラー・ブームの復活を決定的にしたのが、映画「ヴェニスに死す」(1971年)で交響曲第5番が使用されたことでした。 こうして1970年代後半に本格的に巻き起こるマーラー・ブームに繋がっていくのです。.

札幌交響楽団第632回定期演奏会マーラー:歌曲集「少年の不思議な角笛」より*マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調メゾソプラノ:藤村実穂子*指揮:下野竜也年11月20日(土)14:00~札幌文化芸術劇場hitarukitaraが改修に入ったので、今月から定期演奏会はhitaruでの開催. 初期構想であった、2部構成あるいはスケルツォ楽章を中心とした対照的な5楽章配置は、のちのマーラーの交響曲第2番、第5番、第7番、第8番(楽章はないが2部構成による)、第10番でも見られ、マーラーの交響曲を特徴づける要素がその初期から現れている. ジェニー・トゥーレル(メッゾ・ソプラノ) ニューヨーク・フィルハーモニック 4.ジャネット・ベイカー(メッゾ・ソプラノ)、シーラ・アームストロング(ソプラ ノ). マーラー:交響曲第2番「復活」 - ブルーノ・ワルター - cdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 往年のワルター/コロンビア響盤を正統進化させたかのようなマラ1だと思うのが、このベルティーニ盤です。とりわけ1,2楽章は歌の情緒が満載でどこまでも美しく、4楽章もワルターほどでは無いにせよ歌うに歌います。どう聴いてもやはりワルターみたいなのですが、オケの技量と迫力はそれと段違いです。ワルター盤を褒める人間がこのベルティーニ盤を褒めないのは理解できません。そういう人って本当に音楽を聴いているのか?と疑いたくなります。 ベルティーニのマーラー録音の傑作はどうにも3番や9番、大地の歌である気がしてなりませんが、1番も十二分に面白いと思います。マーラー指揮者ってやっぱりこうだよな、と感じさせる1枚です。EMIらしからぬ録音状態の良さも光ります。バーンスタインやテンシュテットのマーラーを愛する人や、1,2,5,6,8番ばかりを聴く派手なマーラーが好きな人には是非ともじっくり聴いて欲しい1枚です。世界が変わるかもしれないからです。これがイケれば3番も楽勝だと思います。9番や大地の歌の良さにも気が付けると思います。マーラーの世界に益々ハマる事間違いなしです。. さすらう若人の歌 Disc5 8. (マーラー)/交響曲 第5番 嬰ハ短調 第1部 第2楽章:Sturmisch bewegt. 8MHz ハイレゾ音源ダウンロード配信 ※当店からはじめて音源を購入される方はこちらからDSD無料ダウンロードサンプルを入手して.

ペシェク/マーラー没後100年特別企画 マーラー:前期交響曲集第1、2、4、5番. アバドらしいマーラーであり極めて聴きやすいマラ1なのですが、私はシカゴ響盤の方がどうしても好ましく感じられてなりません。最初の1枚としてはピッタリだと思う反面、長く付き合って行くには物足りなさを感じてしまいます。何度も聴きたいとは思いません。また、カラヤン時代の録音から得られるベルリンフィルのイメージとも全く違います。どこまでも人間的で楽観的な音楽です。アバドより前のベルリンフィルらしさを期待すると必ず裏切られます。ベルリンフィルもご多分に漏れず時代と共に出て来る音楽は変遷するのです。 ベルリンフィルによる良くも悪くもお上品で小奇麗なマラ1です。バーンスタインやテンシュテットのようなアクの強いマーラーや、クーベリックやギーレンによる個性的なマーラーに納得が行かないと自覚から聴くべき録音だとも思います。. 【shm-cd仕様】【グリーン・カラー・レーベルコート】【hrカッティング】 第7番は前作とは対照的に明るく楽天的な雰囲気が横溢する交響曲で、表題は第2楽章と第4楽章に付けられた〈夜曲(ナハトムジーク)〉に由来する俗称です。. 交響曲第5番嬰ハ短調. 4.交響曲第2番ハ短調「復活」 1. マーラー:交響曲選集~第1番「巨人」・第2番「復活」・第4番・第5番 ペシェック / チェコ・ナショナルso. 交響曲第3番ニ短調(第1楽章~第3楽章) Disc3 4. In gemessenem Schritt.

【商品の説明】 指揮: ロリン・マゼール 曲目: CD1: マーラー作曲 交響曲 第1番 「巨人」 CD2: マーラー作曲 交響曲 第4番 &. マーラー 交響曲第4番 - ベルティーニ/ケルン放送交響楽団 1987 ⇒ テル (11/10) ブラームス 交響曲第2番 - ハイティンク/コンセルトヘボウ管弦楽団 1973 ⇒ タナカ ミチヨシ (02/20). See full list on romantic-classic. マーラー 交響曲第2番 4, - ハイティンク/シュターツカペレ・ドレスデン 1995 ライブ (04/21) マーラー 交響曲第2番 - クーベリック/バイエルン放送交響楽団/06) マーラー 交響曲第2番 - ラトル/ベルリンフィル ライブ (01/05). 交響曲第1番ニ長調『巨人』 2. ガリー・ベルティーニ指揮ケルン放送交響楽団 emi。1990年1月29日-2月3日、ケルン、フィルハーモニーでの録音。 84~91年にかけて録音された全集の第4弾。私は、第1番から第5番までを収録したフランスemiの5枚組boxで入手。. バーンスタインのコンセルトヘボウ盤(1番と9番)と聴き比べるとより楽しめると思うのが、このハイティンク盤です。バーンスタインという指揮者が如何に異常であり、彼のマーラーが如何に異常であるのか良く分かると思われるからです。 これに一番近いマラ1を挙げるとすればボールト/LPOのマラ1です。マーラーの音楽に対する共感やリスペクトといった要素をほとんど感じさせません。主観的な色付けが全然無いのです。アッサリとして地味なマーラーという風変わりな音楽が好きなのであれば、ハイティンク盤を愛するべきです。五月蝿いマーラーは御免被るという方にとっても良い1枚だと思います。. 交響曲第3番ニ短調(第4楽章~第6楽章) 5.

第5楽章 地獄から天国へ なおこの第1番はマーラーの若き日の友人、ハンス・ロットの交響曲の影響が強くみられます。実際に演奏こそしなかったもの、マーラーはロットの交響曲を深く研究し、この「巨人」を作り上げる際に参考にしたそうです。. マーラー:交響曲第1番「巨人」、第2番「復活」、第4番、第9番、「大地の歌」 全てブルーノ・ワルター指揮、モノラル録音 交響曲第1番「巨人」(nbc交響楽団、1939年4月8日ライヴ) 交響曲第2番「復活」(ウィーンフィル、チェボターリ、アンダイ独唱、1948年5月15日ライヴ録音) 交響曲第4番(ウィーン. 交響曲第1番ニ長調(Symphonie Nr. See full list on tsvocalschool. マーラー:前期交響曲集 [第1, 2, 4, 5番] 交響曲 第4番 ト長調 6.

マーラー:交響曲集 Disc1 1. 1 D-dur) は、グスタフ・マーラーが作曲した最初の交響曲。. ショルティのシカゴ響盤は、数あるマラ1の中でも最も迫力に特化したマラ1だと思います。これに匹敵し追い越す録音はテンシュテット/シカゴ響ライブ盤(EMI)しか無いでしょう。地獄から天国へと一気に貫き通すトランペット・トロンボーン・ホルンによるフォルテッシモは流石シカゴ響だと言いたくなります。 20世紀後半におけるアメリカのオーケストラはとにかく馬力が違います。若い音楽ファンはもっとこういう音楽を聴いた方が良いと思います。オーケストラという音響装置にはもっと多くのものを求めて然るべきだと思います。強欲で時代遅れな考え方なのでしょうけど。 ショルティのマーラーはテンシュテット/シカゴ響盤ほど粘らないので、初心者にとって非常に聴きやすいマラ1だと思います。金管にアレルギーを感じないという前提付きですが。現に私もこのショルティ/シカゴ響盤は、バーンスタイン/ニューヨークフィル盤と並行して、マーラーを聴き始めた当初はしこたま聴きまくったものです。学生時代の思い出が深い1枚です。.

クーベリックが同楽団に残したマーラーの延長線上にあると捉えればしっくり来ますが、私はヤンソンスのマラ1ならコンセルトヘボウとのライブ盤を第一に採ります。 バイエルン放送響のマーラーはやはり軽いです。録音技術の向上とヤンソンスの熱意によって更に聴きやすくなっているとは思いますが、このオケによるマーラーであることに変わりがなく、閾値を超えているようには感じられません。良くも悪くも普通です。従来のバイエルン放送響によるマーラーらしい大げさなマラ1だと思います。ヤンソンスJr・ファンには良いと思います。クーベリックの癖に合わなかった方も一聴する価値はあると思います。近年のマーラーにしては情熱的でカラッとしたマラ1だと思います。. 実は初演時は副題は付いておらず、「2部からなる交響詩」として発表されました。 その後1891年、31歳の頃にマーラーはハンブルク歌劇場の第一楽長となります。 そのハンブルクでの改訂稿(1893年)で初めて副題が付き「交響曲形式による音詩《巨人》」としてマーラー自身の指揮で初演されました。. 28) ウイーン・フィルで聴こう! マーラー 交響曲第1番「巨人」 クーベリック盤(. 「交響曲第5番」は、マーラーが円熟期に入った頃の作品です。 この頃のマーラー(42歳)は20歳も年下のアルマと結婚(1902年3月)したばかりで、またさまざまな芸術家と交流が持ち始めた時期でした。 2人とも初婚であったので、まさに幸せな生活を送っていたことでしょう。 二人はまさに「電撃結婚」で、出会って1カ月で婚約しその4か月後には結婚しています。 そしてその年の夏にマイアーニックの山荘でこの「交響曲第5番」は完成されます。 マーラーの知人であり指揮者のメンゲルベルクは、第4楽章「アダージェット」の美しい音楽は、「マーラーがアルマに送った愛の証」だと言っています。 そしてさらには10月には長女マリア・アンナが誕生します。 前年の1901年にウィーンの評論家などと揉めてウィーン・フィルの指揮者を辞任したマーラーですが、私生活の面では充実した時期だったのです。 ウィーン・フィルの指揮者を辞任した理由の一つには、保守的なウィーンではユダヤ人であるマーラーへの風当たりが強かったことが挙げられます。 ※ウィーン国立歌劇場の職はその後も続けています。. 4CD のリリース情報、レビュー、関連するニュースやタイアップ情報など. 交響曲 第3番 ニ短調 第2-6楽章 cd5 5.

中庸の速さで、速すぎずに。ト長調 4分の4拍子 ソナタ形式。 フルートと鈴によってロ短調の序奏で開始される。. 亡き子をしのぶ歌 Disc4 6. テンシュテットやバーンスタインによるマーラーと比べると、随分軽いように感じられてならないのがクーベリックのDG盤です。かと言って没個性的であるとは言えないのがクーベリックのマーラーなのです。 クーベリックの歌い回しには、クーベリックらしいとしか表現できないものが確実に存在します。バーンスタインほどコッテリもせず、逆に現代音楽的な急激なテンポ変化もしない中、クーベリック流の解釈によって極めて有機的にテンポが変化するのです。これに肌に合えば是非交響曲集の方にも手を出すべきです。後悔は絶対ないはずです。DGに残したセッション録音のマーラー交響曲集は全体的に早めのテンポ感があるので、最初に聴くマーラーとしては長過ぎないため良いのかもしれません。 また、クーベリックのマーラーで一番特徴的なのはトランペットです。この煌々と輝くトランペットを聴くとやはりクーベリックだな、とつい思ってしまいます。これはマーラー以外のクーベリックの録音でも顕著なのですが、彼のトランペットに対する拘りには尋常では無いものがあります。珍しい指揮者だと思います。単にクーベリック時代のバイエルン放送響のラッパ奏者が優秀過ぎただけなのかもしれませんが。 このマラ1の録音でもクーベリックらしさが遺憾無く発揮されています。トランペットが上手いマラ1に外れは無いと言って良いでしょう。ただし肌に合うか合わないかは別問題です。Auditeから出ているライブ盤の方が凄まじい演奏なようですが、残念ながら私は所持しておりません。. 【tsutaya オンラインショッピング】マーラー:前期交響曲集 第1, 2, 4, 5番/ペシェク(リボル) tポイントが使える. ハイティンクはやっぱりハイティンクです。ライナーやショルティ時代のシカゴ響を想定して聴くとしっぺ返しを食らうと思います。シカゴ響の底力を感じさせないからです。テンシュテット/シカゴ響盤を聴いた後だと、全く別のオケによる演奏かのように聴こえると思います。シカゴ響で振っても相変わらず理性的であり、野性的で無秩序な感じはほぼありません。 流石にシカゴ響の演奏なので、コンセルトヘボウとはオケの馬力が段違いであり、ハイティンクの表現がより分かりやすくなっているような気がします。とりわけ1楽章に粘々しさを感じます。1楽章はコンセルトヘボウ盤に比べて何と3分20秒も長くなっているのです。老成したマラ1だと思います。私はどちらかと言えばコンセルトヘボウ盤の方が好きです。. 現代最高のマーラー演奏をワンポイント・レコーディングで! エリアフ・インバルと東京都交響楽団による新マーラー・ツィクルス>から、交響曲第5番がワンポイント・レコーディング版で登場です。. マーラーの交響曲第5番は、彼の作品の中で交響曲第1番と並んで最も人気がある曲です。特に第4楽章「アダージョ」は、ルキノ・ヴィスコンティ監督の代表的な映画「ヴェニスに死す」(原作はトーマス=マン)で使われて以来、その耽美的な旋律がクラシック・ファン以外の方々の耳をも.

指揮:クラウス・テンシュテット演奏:ロンドンフィル0:00~ 第1楽章15:49~ 第2楽章23:37~ 第3楽章34:20~ 第4楽章. この頃マーラーの指揮者としての実力は徐々に認められはじめていました。 しかし「強気な性格とユダヤ人である」という理由から、マーラーは職を転々としています。 オルミュッツの市立劇場指揮者であったマーラーでしたが、1883年、23歳の頃にカッセル王立劇場の楽長となりました。 その翌年に取り組み始めたのが、この彼にとって初めての交響曲、第1番です。 続いてマーラーは1885年の25歳の頃にプラハのドイツ劇場の楽長になり、さらに1886年にはライプツィヒ歌劇場の楽長となりました。 この頃は若きマーラーの傑作がいくつも生まれており、「さすらう若者の歌」(1885年)「子供の不思議な角笛」(1886年)もこの頃の作品です。. 交響曲第4番ト長調 7.

こちらは第2楽章「花の章」も入っている録音です。 日本が誇る世界のオザワこと小澤征爾の指揮によるボストン交響楽団の演奏です。 1977年録音で小澤征爾がボストン交響楽団常任指揮者に就任してまだ数年しか経っていいない頃のものです。 若々しく力強いマエストロのマーラーは必聴です。 録音:1977年3月、4月(花の章のみ1984年) 小澤 征爾(おざわ せいじ/1935年9月1日-) 日本の指揮者 1964年:トロント交響楽団の指揮者に就任 1966年:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を初指揮 1970年:タングルウッド音楽祭の音楽監督に就任、サンフランシスコ交響楽団の音楽監督に就任 1973年:ボストン交響楽団の音楽監督に就任(年まで) 年:日本人指揮者として初めてウィーン・フィルニューイヤーコンサートを指揮、ウィーン国立歌劇場音楽監督に就任 ボストン交響楽団(The Boston Symphony Orchestra) アメリカ、ボストンのオーケストラで、「アメリカ5大オーケストラ(Big Five)」の1つとされる。 小澤征爾は1973年から年まで音楽監督を務め、歴代のボストン響の指揮者の中で最も任期の長い指揮者となった。. 歌曲集《子供の不思議な角笛》から 4曲 cd6 7 交響曲 第5番 嬰ハ短調 cd7 8. (マーラー)/交響曲 第5番 嬰ハ短調 第1部 第1楽章:Trauermarsch. Mit grosser Vehemenz/(クラウディオ・アバド)15:14.

このバーンスタイン後年盤は、CBS SONYに残した前年盤であるニューヨークフィルとの録音に比べると幾分かコッテリとした、晩年のバーンスタインらしさが出たマラ1だと思います。また、演奏するオーケストラがニューヨークフィルではなくコンセルトヘボウであるということも大きな差別化要因です。コンセルトヘボウもマーラー本人に縁のあるオーケストラです。ニューヨークフィルと比べた時のコンセルトヘボウの弦楽は渋く艶があり、管楽があまり前に出てこないのです。 マーラーの1番の曲想とイメージに照らし合わせると、私はやはりニューヨークフィルとの若々しく溌剌とした情熱が迸る演奏の方が好きではありますが、こちらの方はより主観的でマーラーの音楽らしい1番だと思います。ワルターのマーラーのような情緒感が好きなのであれば、コンセルトヘボウ盤の方も聴いてみる価値があると思います。バーンスタイン晩年の2番や5番のような粘っこさも、それらの録音と比べると息を潜めているように感じます。駄演であるとは決して思えません。.

/128/f2984ff6ee /171345131 /39067af24e558012b /54

マーラー:前期交響曲集 [第1, 2, 4, 5番]

email: qabecafa@gmail.com - phone:(863) 939-1586 x 2598

My Endless Love - たくみ稜

-> バレエ・フォー・バンド
-> 好きですサッポロ

マーラー:前期交響曲集 [第1, 2, 4, 5番] - 身も心も軽や 能率アップのクラシック


Sitemap 1

おやすみなさいを言いたくて - MUERTE ANGEL